対談:MCRアナリティクス設立の経緯(後編)

データ分析は、企業の生産活動のインフラになり、
データアナリストがイノベーションを支える社会になる。

プロフェッショナル・エージェンシーのクリーク・アンド・リバー社と、データ分析のプロフェッショナル集団、澪標アナリティクスの合弁会社として立ち上がったMCRアナリティクス。今後どんな社会を創っていくのか、両社代表の対談形式でお届けします。

株式会社クリーク・アンド・リバー社
代表取締役社長 井川幸広
1960年生まれ。佐賀県出身。毎日映画社にて1年間勤務した後、独立。
文化映画やテレビのドキュメンタリー番組などの監督・ディレクターとして活躍。企業のマーケティングのコンサルティングなどを経て、1990年3月、クリエイター・エージェンシー 株式会社クリーク・アンド・リバー社を設立。2000年NASDAQ JAPAN(現JASADAQ)上場、2016年東証一部。
現在では、クリエイティブだけでなく、医療・IT・法曹・会計・建築・ファッション・研究科学者・食分野の22万人以上のプロフェッショナルと2万社のクライアントを無限に組み合わせ、社会に新たな価値を創造するビジネスプロデュース事業を展開している。

澪標アナリティクス株式会社
代表取締役 井原 渉
1984年生まれ。大阪府出身。大学在学中に外資系コンサルティング会社の日本法人を設立したのを皮切りに、老舗中堅ゲーム会社や東証1部上場企業など、様々な企業にてデータ分析に関わるプロジェクトに参画し、各種サービスのデータ分析、分析基盤及び体制構築、新規事業立ち上げなどを担当する。同時に、研究者として大学の研究センターにおいてもアクセスログに関するデータマイニングの応用論を研究。
澪標アナリティクス株式会社を設立した後も、大手自動車メーカーをはじめ幅広い業種にて分析コンサルティングや分析基盤構築、分析組織構築、レコメンドシステム、AI開発を行う。また、現在も研究者として、国立九州工業大学非常勤講師としてデータマイニング応用論と流体シミュレーションを研究している。

――MCRではデータ分析の裾野を広げる役割を果たすとのことですが、特にどのような業界でデータ分析が求められると考えていますか

井原)基本的に、データをうまく使えている企業の方が圧倒的に少ないので、どの業界でもこれから大きな変化があると思います。特に、BtoCの企業は、実際のユーザーのログを全く使えていない印象です。

とはいえ、高度な分析をするときには業界の区切りが出てくると思いますが、裾野を広げる方向においては、業界で区切る必要はあまりないと考えています。目の前にあるデータを統計学を使ってうまく処理してあげるだけなので、業界ごとの違いはあまり出ません。もし、業界ごとに特徴的なことがあったり、新しい業界でどんなモデルを用いたらいいか分からないときは、澪標アナリティクスが協力して分析設計をします。それを基に、色々な業界に展開できるようにします。

そういう時に、クリーク・アンド・リバー社と組んでいる強みがより現れます。クリーク・アンド・リバー社ではお客様のビジネス課題が何かを適切に抽出されているので、澪標アナリティクスでは、その課題に対してどうやってデータを利用すればいいかを考えればよいわけです。さらにオペレーションはMCRアナリティクスでやるので、それぞれの機能を持っていることが効いてきます。


澪標アナリティクス株式会社 代表取締役 井原 渉

――MCRアナリティクスでは業界にかかわらない汎用的なソリューションが提供でき、より高度なビジネス課題を解決するときは、両親会社の強みが活かせるということですね。3年後には100名のアナリストを育てるという目標もありますが、実現した先にはどのような未来が待っているのでしょうか

井原)私の中では、逆に社会の中で目立たないようになればいいのかなと思っています。データ分析が当たり前になって、通常の業務のひとつにしか過ぎない状態になると思っています。経理業務のように世の中の会社に通常の業務として浸透して、「経理の派遣だったらあそこだよね」みたいな立ち位置で、安心して依頼できるデータ分析の老舗くらいの感覚になれればいいのではないかと思っています。

井川)おそらく、データアナリストの存在が、企業の生産活動のインフラ的な役割になるでしょう。そうなると、企業の課題解決のために集まった膨大なノウハウが、MCRアナリティクスの最大の強みになるはずです。そこで集まったノウハウが、新しいマーケティングの提案に活きると考えています。

当然、それはクリーク・アンド・リバー社でクリエイティブを提案する時にも付加価値になります。クリエイティブを考えるひとつの判断材料や、ノウハウとなってクライアントと方向性をすり合わせられるというのがとても大切になってきます。

井原)井川さんの仰る通りで、人もそうですが、ノウハウこそMCRアナリティクスの最大に武器になるでしょうね。それぞれの専門的な領域の会社と組んで、面白いことができるんじゃないかと。新しい領域に進出したい企業がいても、データとノウハウをベースに提案することができれば、それだけで付加価値になります。


株式会社クリーク・アンド・リバー社 代表取締役社長 井川幸広

――企業がデータを活用するのは必然の流れ。その中で、様々な企業や業界のデータを知ることは、非常に重要になってきそうですね。データアナリストになるために、必要な素養は何かあるのでしょうか

井原)やっぱり、ものごとを直感的に判断する人は向いてないですよね(笑)。

井川)俺なんか一番向いてないかも(笑)。

井原)いえいえ(笑)。 一方で、数学の素養がいるのかと言われたら、そんなに大事だとは思いません。「平均って何か分かりません」、「足し算引き算ができません」っていうのはちょっとつらいですけど、そうでなければ全然大丈夫だと思います。業務上必要な範囲は、しっかりと教える体制がありますので。だから、そんなに身構える必要はないと思います。

データアナリストと聞くと、まるで夢のような存在をイメージしてしまいますが、お客様に価値を提供できるレベルのアナリストであれば、そんなに身構える必要もないのかなと思います。ただ、誰でも簡単になれるとか、そんな風に言う気もありません。今は、データアナリストブームですけど、その波が落ち着いた後でも、しっかりと生きていけるアナリストを育成していこうと考えています。消費するのではなく、ちゃんと面倒をみていく会社にしたい。

井川)これからどんどんデータをベースに意思決定がなされると考えたら、今は新しい時代の幕開けがやってきたような感覚があります。ある部分では分かっていることもありますが、この先どうなるか分からないワクワク感がとてもありますね。だから、既存の仕事にチャレンジするのではなくて、データアナリストという、これから起こる大きなイノベーションの職業にチャレンジするのは、とても価値があります。

10年前にはなかったデータアナリストという職業に就く人は、益々増えてくるでしょう。データ分析でこれからの社会がどう変化するのか、楽しみですね。

Copyright 2017 MCRアナリティクス