データアナリティクス

データはあるが、解析力が不足している、改善案が出せていない

現状把握分析、目的探索型分析、仮説検証型分析の3つの分析アプローチで、お客様のデータを分析し、課題の本質を見極め、価値を最大する施策をご提案します。

3-1

基礎集計などのアプローチにより、現状把握をします。

例えば、時系列分析で季節変動や成長度の推移を把握します。 クロス集計を用いて、サイトコンテンツのボリュームが高い箇所がどこか構造の把握をします。 これらは、効果が落ちている箇所を発見する気づきになることや優先順位の裏付けデータとなります。

3-2

ある目的に対して、探索的に分析をするアプローチ手法です

現象(事実)に対して論理的な枠組みを与えたり、漠然として掴みどころのない問題をもう少し具体的な問題へと落としこむための分析アプローチです。例えば、優良顧客にさせるためにどのように育成ステップを踏んでもらうとよいのかというシナリオ設計の目的などのために、優良顧客になりうる顧客の行動として、幾つかの因子に相関関係があるかどうかを分析します。

要件立案

ある仮説をもとに検証をする分析アプローチです。

ある理論づけた仮説を基に検証を行っていく分析アプローチです。想定通りであれば、それを持続や拡大させる施策へつなげます。予想外の結果が出れば「なぜ理論と異なる結果になったか」を解き明かしていきます。 例えば、「アプリ利用をしているのは、ロイヤリティユーザーである」という仮説に対して、実際に売上高や利用回数が多いかどうかを検証するといったものです。

MCRアナリティクスは、ウェブ行動ログデータ、事業データ、外部データなど、 様々なビッグデータを取り扱うことができます。

MCRアナリティクスに依頼した場合、どのような分析ができるのか幾つか手法例を取り上げます。

Copyright 2017 MCRアナリティクス